ecrue*cafe  つながる・つながる






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


こころのおそうじ :: 2011/10/31(Mon)

書くこと迷いましたが、自分の今を書き留めて置こうと、
記録として残しておくことにしました。

少し重い内容ですので、心が元気でない方は、スルーしてくださいね。



昨年の夏、帰省時に、私の母が子供達に発した言葉
「いうことを聞きなさい」
その言葉で、自分が子供の頃同じことを言われ続けていた時に抑えていた気持ちが、
一瞬にしてあふれてきたのか、その夜は、激しい胃痛で、一睡も眠れませんでした。

きっと、母にその理由を話しても、理解してもらえないだろうと、
ただの胃炎だということで、その場はやり過ごしました。

そして、今年の年始にNHKの特集で知った「インナーマザー」という言葉。
苦しんでいるこの感情に、私だけでなく、
特にアラフォー世代の多くの人が悩み、苦しんでいることを知りました。


強く感じたのは、長男が小さい頃でした。
初めての育児で分からないことだらけでしたが、それでも、
ちゃんとしなければと、プレッシャーを感じ、育児書を読み漁っていました。

自分の心の中にいる母親像にいつも監視され、「ちゃんとしなさい」と言われているようで、
目の前にいる子供と楽しむゆとりがあまり無かったように思います。


小さい頃から、ちゃんとすることを期待し続けられた結果、
期待に応えることに一生懸命で、自分がどうしたいのか分からなくなることがありました。

相手の期待を察して、その様に行動することも、
悪いことではないけれど、いつも、そうしていると、
自分が何者だか、何を感じているのか分からなくなってしまう。


もうこれ以上頑張れないと、いい子であることをやめようと思った大学時代に付いたあだ名が
そういえば『ニュートラル』だったなぁ。
みんな、上手いことつけたものだなと、思いだしました。



いままでは、自分が母親に対して感じる
「もう、ほうっておいてほしい、自分の思い通りにさせてほしい」など、
感謝以外の自分の感情に対して、どこか罪悪感を感じていました。
そして、人のことをよくうらやむ母の言葉に対しては、
そのように出来ていないと自分がまるで責められている気分になっていました。


年始に私がずっと抱えていた気持ちをやっとの思いで母に伝えましたが、
母は、私がそのように思っていたことなど、気がつきも気づこうともしていませんでした。
こちらが思っているほど、相手はそうは思っていない・・・そんなものかもしれません。


母に、当時の思いを伝えてもしかたないんだ。自分がしっかりとうけとめればいい。
それからは、セルフカウンセリング。
散歩の途中などに、お空を見上げながら、小さい頃の自分に、ゆっくりと話しかけます。

激しい感情に呑まれそうになる日もありました。
そんなときは、しばらく休みながら・・・。

五百円玉大の円形脱毛が、できては、治り・・・を繰り返し、
最近ようやくおさまってきたようです。

暗いトンネルの出口が見えてきました。



子供の心と向き合う・・・
子供の心をしっかり受け止る・・・

子供が生まれてから、そういった講義や本が気になってしかたがなかったのは、
自分の心の中に置き去りにされていたインナーチャイルドが
私に気がついてと、必死に訴えていたのかもしれないなと、今はそんな風におもいます。



『もういいんだよ』『今まで辛かったんだね、寂しかったんだね』と、
自分を受けとめ、許すことで、母に対する感情も変化してきました。
あの時の彼女(母)の私に対する対応は、決して良かったとは思えないけれど、
あの時の彼女にとっては、あれが、きっと精一杯だったんだ。
私は、自分自身対し完璧さを求めて潰れそうになるくらい、
母に対しても完璧を求めすぎていたのではないだろうか。

高校の頃から続いていた、母との関係への違和感が、やっと何なのか分かってきました。
自分でも知らないうちに重い重い蓋をしたまま、自分の心にきちんと向き合うことなく
生きてきたことにやっと気が付きました。

今、私のことを理解し、受け止めれようとしている人がそばにいてくれること、
子供達が少し手を離れてきたことで、ようやく自分と向き合う時間と勇気がでてきたのかもしれません。 


 大切な家族。

若い頃、手術の失敗のせいで植物状態を経験し、生死をさまよったことがある主人は、
人生の大きな選択において迷いがないといいます。潔い生き方は、私の憧れ。
物を片付けられないなど、細かい不満はあります(笑)が、
自分の信じる道を曲げない強さには、脱帽です。

そんな強さを受け継いだ長男に、
『お母さんは、親のいう事を聞かないと見捨てられてしまうと、
 こころのどこかでずっと思って生きてきた。
 けれど、あなたは、私にイヤなことは、イヤって、
 なんでそんなにはっきりいえるの?』 と、聞くと
長男は一言
『そんなん、親と違う』って。

なんてシンプルで、なんて強い・・・

私もそんな風に生きてこられたら、よかったのにって思いましたが、
生きにくい生き方をしてきたからこそ、分かったこともたくさんあると、今は思えます。


  そして、大切な友人Yちゃん。
『もう大丈夫って(私が)おもうまで、絶対に途中で投げ出したり
 見捨てたりなんかしないから』って・・・いってくれました。

彼女の支えが、私に勇気を与えてくれました。


絶対に強くなろう。





  人生を自分自身の足で踏みしめて生きる

  自分の感じたままに感じて生きること



こんなあたりまえのことが、こんなにしあわせなことなんだと知りました。


ずっと、しあわせは遠くにあるもの、探しもとめるものだと思っていました。


 でも、それは、自分の心のなかにありました。






最近、心に響く本たちに、導かれるようにたくさん出会いました。

からまった心の糸をほぐすのに、力を貸してくれました。



・3年前に読んだ本(親との関係を見直すきっかけになった本でもあります)

 親離れできれば生きることは楽になる
   加藤諦三

 

・今年8月に読んた本

 「頭のいい人」はシンプルに生きる
   ウエイン・W・ダイアー 著
   渡辺昇一訳


  インナーマザーは支配する
 ~侵入するお母さんは危ない~
    斉藤 学



・先月読んだ本

  インナーチャイルド
  ~ 本当の自分を取り戻す方法~
   ジョン・ブラット・ショー
   新里里春/監訳

  アダルト・チャイルドが自分と向き合う本
   アスク・ヒューマン・ケア研修相談室 編

  いいんじゃない いいんだよ
   水谷 修 + 岩室 紳也 + 小国 綾子


・今、読んでいる本

   こころのおそうじ
   ~読むだけで気持ちが軽くなる本~
    たかた まさひろ




たくさんの本との出会いも、私の心を支えてくれました。





私と同じように、苦しんでいる人がいたら、参考にしてみてください。

安全な居場所を確保してから・・・





   長文お付き合いいただいた方、ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:12


h(アッカ)さんへ :: 2011/10/05(Wed)

今日、ずっと食べに行きたかったh(アッカ)さんに、ようやく行けました。

先日、kikiのワークショップでお世話になったReposさんと、harmonyちゃんの三人で。

平日限定の「hランチ」

この日は、あんかけでした。
コーヒー付きで1000円。
とっても美味しかったです。


折角なので、デザートも注文(^^)

掘りごたつとテーブル席がありました。
今回は、掘りごたつ席で、ほっこりしながら、子育ての話に花が咲きました。

また、家族でもお邪魔したいお店です♪


楽しい時間をありがとうございました(^-^)/



(アッカ)

松阪市西黒部町193-1
(国道23号線沿い・西黒部町3交差点)
〒515-0103

OPEN  11:30~14:00
    17:00~22:00

TEL&FAX 0598-30-6444

   定休日 月曜日
  1. おでかけ(松阪・多気)
  2. | trackback:0
  3. | comment:2


運動会(幼稚園) :: 2011/10/02(Sun)

土曜日は、末娘の運動会でした。
前日が雨で、心配でしたが、無事に開催されました。



ダンスに、リレー(子供たち以上に親達も大興奮でした)に…力一杯頑張ってました。

長男2年、次男2年、末娘3年と引越しで途中園は変わりましたが、連続7年目の幼稚園の運動会も、この日で最後。

色んな思いが巡りました。

今年は、本部役員で裏方の仕事も。
前日は、末娘も紙花作り一緒に手伝ってくれました。


沢山の方々の協力で、運動会が成り立っていること改めて感じました。
今まで、参加するだけでは分からなかったことがたくさん。

本当に、今までも先生方、役員のみなさん、子供たち、地域の皆様ありがとう☆

心に残る運動会でした。



末娘は、リレーの時、兄ちゃんズに「今までの全部の力をだしきって!」と
入場門のところでアドバイスしてもらったようで、
そのおかげでとっても頑張れたとニコニコ笑顔で教えてくれました。




そして、この日は、ココの一歳の誕生日☆
子供達にせがまれ、初めて犬用のケーキを買ってみました。
ホールの誕生日ケーキは、お値段が思いのほか高かったので、モンブランのタルトを(^^)

美味しそうに、食べてました!

兄弟喧嘩をしていると、一生懸命止めにきてくれる優しいココ。
とても人懐こくて、近所の子供たちにも可愛がってもらっています。

長男は、メロメロで、
「こんな可愛い子が、うちに来てくれて幸せすぎる」
「犬に産まれて、ココと結婚したかった」と、かなりやられてます( ´ ▽ ` )

うちに来て9ケ月、もうすっかり無くてはならない存在です。






  1. 子育て
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。